トップリーグの観客動員、第2節以降が大切

日本ラグビー最高峰トップリーグが11日開幕しました。日本全国6会場8試合で熱戦が行われました。観客動員もRWC効果もあり、昨季の開幕節より約3万人多い92,347人(6会場)を動員。1会場平均で約1.5倍。8試合で116,737人(昨年は83,719人)の大勢のファンで賑わいました。優勝争いの後半戦での会場10万人越えを期待してしまう数字です。

やはりラグビーは冬にやるのが良いのでしょうか。

◎2020年◎

◎2019年◎

しかし、喜んでばかりはいられません。これからの動員数が大切で、第2節以降にどれだけファンに足を運んでもらえるかが、ラグビー人気を確かなものとします。残念ながら今週末は東京地区で雪の予想もあり、何とか持ちこたえてほしいところ。応援しているリコーブラックラムズも九州での宗像サニックスブルーズとの対戦です。九州でのNECとの開幕戦に7000人を突破していますので、リコー戦も5000人突破を期待したいところです。もちろん好ゲームも期待します。

一時週刊のお知らせ

読者の方

稚拙な文章をお読み頂き、ありがとうございます。

まことに勝手ながら、都合により7月末まで週刊と致します。

時が来ましたら、また週4日に戻したいと思います。

宜しくお願い致します。

『ラガーにゃん』フォローしました。

遅かれながら、妻に勧められて購入しました。
『女性自身』で2017年6月27日号~2018年11月13日号で掲載されていたものを新書化したもので、そにしけんじさんのゆるい漫画で、元ラグビー日本代表の広瀬俊朗さん(東芝ブレイブルーパス)が監修しています。「猫でもわかるラグビー入門(初級編)」の副題のように、漫画の前にラグビーに興味を持ってもらうための簡単な解説が付いていますので、ラグビーをまったく知らない方でも楽しく読めるようになっています。ラグビー好き、猫好きの方、是非手に取ってあげて下さい。
早速(遅いか)ツイッターを見つけたので『ラガーにゃん【公式】』をフォローしました。2019年日本で開催するラグビーワールドカップを盛り上げるためにも、お互い頑張りましょう。

*****************************

「猫ピッチャー」「ねこねこ日本史」でおなじみの“猫まんが界の巨匠”そにしけんじ先生が描く、猫×ラグビーまんが『ラガーにゃん』。 その最新情報を、ラグビーと猫を愛する編集スタッフ陣が随時お届け。 2019年、日本で開催「ラグビーワールドカップ」を、一緒に熱烈応援しようニャ〜!
(出典:『ラガーにゃん【公式】』ツイッター)

▲『ラガーにゃん』(そにしけんじ著)