サドルロード号、デビュー戦でやらかす!

さて期待オルフェーヴル産駒の命名馬サドルロード号が、7月18日土曜日に阪神5R芝1400m川田Jで新馬戦デビューしました。17頭立ての3番人気に支持され、期待も膨らみましたが、結果はまさかの17着! (ビリ殿)おまけにタイムオーバー(1着との差4.8秒)のオマケ付き。調教は良かったのですが、レースではゲートの出も悪く、終始最後方を 追走するだけのまったく見どころ無しで終わりました。

クラブのレース後のレポートでは、幸いにも怪我はしていないようですので、 新馬戦は父と母母の血が騒ぎすぎての惨敗、大物ぶりを発揮したと思い、次走に 期待したいと思います。

しかし今年に入ってまだ愛馬の勝利がありません。2006年の年間未勝利以来の大ピンチです。 一口馬主廃業の危機? アンブロジウス号(3歳牡)が出走できず引退したため、現役はマジストラル(4歳牡)ブルームラッシュ(3歳牡)、そしてこのサドルロードの3頭のみです。カモメ厩舎の苦戦は続きます。