サドルロード命名の由来

早々とノーザンファームしがらきへの移動を開始したサドルロード。
父オルフェーヴルと同じ、池江泰寿調教師に育てて頂けるので、今からデビュー戦が本当に楽しみです。

命名の由来は、もともと愛馬であった母コナブリュワーズからです。
母父キングカメハメハからハワイ、母母アンブロワーズからお酒をイメージされ、母はハワイのビール産地コナにあやかり、コナブリュワーズと命名されました。

そして、ハワイ島コナから東西に横断するハワイ州道200号線の別名がサドルロードとなります。サドルロードは馬具のサドルのように高低が激しく舗装もされず、ガタガタ道だったそうです。
今や舗装されちょっとしたハイウエイとなり、観光道路として活用されているようです。

この命名で、ハワイ島のサドルロードで車で走らせるのが、私の夢となりました。(ハワイ島すら今だ上陸したことがありませんが…)

一口馬主に嬉しい知らせ

期待の良血馬ブルームラッシュ号も春のクラシックには乗れず、なかなか
うまく行かないマイ厩舎ですが、久しぶりに嬉しい便りが届きました。

2歳オルフェーヴル産駒の新馬が早々と北海道ノーザンファーム空港から
ノーザンファームしがらきへの移動が決定しました。
これで、ゲート試験通過後に、6月早々のデビューが視野に入りました。
対戦相手が少ないうちに勝ち上がりたいところです。

さらに嬉しいのはこの2歳馬の馬名が決まり、『サドルロード号』
なりました。実はこの名前は、昨年12月に私が応募した名前で、
一口馬主生活20年目にして初めての採用です。
昨日、サンデーサラブレッドクラブから命名証明書も届きました。

自分の名付けた馬がターフを走るかと思うかと今から感涙しております。