『沿線地図』を初めて観た

ずっと見たかった山田太一原作『沿線地図』を初めて観ることが出来た。TBSチャンネルに感謝です。本放送は1979年なので、私は主人公の志郎(広岡瞬)、道子(真行寺君枝)と同年代になる。当時見ていたら、二人の立場で観ていたであろうが、現在は二人の両親の立場で観てしまう。

このドラマは、若い二人の家出、同棲から物語りが展開される。主人公の葛藤を中心に描いているのは勿論だが、志郎の両親松本夫妻(児玉清、河内桃子)と道子の両親藤森夫妻(河原崎長一郎、岸恵子)の心の動き(変化)が各々丁寧に描かれていて、ドラマの出演者全てを主人公にする群像劇が得意な山田太一の面目躍如といったところ。この2年後に放送される『想い出づくり。』と比較するととても興味深い。因みに児玉清さんは、両作品に出演。ちょっとインテリな生真面目な役が良く似合う。

だだエンターテイメントとしては、全体的にトーンが重く、最終回で謹造(笠智衆)が無くなるのはどうかと思う。私としては「しばらく旅にでる。捜さんでくれ」くらいにして欲しかった。第一話のナレーション「皆さんも一緒に考えて下さい」も、ちょっといただけない。フランソワーズ・アルディさんの『もう森へなんか行かない』もこの物語には合っていると思うのだが、やっぱり気持ちが沈む。

しかし、全体としてのドラマの展開は視聴者を飽きさせず、15話を存分に楽しむことが出来た。『沿線地図』のタイトルも意味深く、若い二人が周りに影響を与え、本当に正しいことは何なのか、本当の幸せとは何なのか、“考えさせられるドラマ”であることは間違いない。

<番組基本情報>
制作年 :1979年
全話数 :15話
制作:TBS
プロデューサー: 片島謙二
ディレクター・監督:龍至政美、大山勝美、福田新一、片島謙二
原作、脚本:山田太一
主題歌:もう森へなんか行かない
歌手:フランソワーズ・アルディ
出演:岸惠子、河原崎長一郎、真行寺君枝、児玉清、河内桃子、広岡瞬、笠智衆、新井康弘、岡本信人、野村昭子 ほか

マリーンズは岩下の後輩、奥川指名を!

26日神宮球場で行われた「U18高校日本代表-大学日本代表の壮行試合」をテレビ観戦。先発は注目の佐々木(大船渡高)とあって、普段アマチュアの野球を観ない私も、マリーンズのスカウトとして(?)楽しみに観戦した。結果、佐々木は1回を2三振、最速156kmをマークの圧巻の投球。スポーツ各紙からスカウトのコメントを伺うと、評価もうなぎのぼりの様だ。

しかし、少しトーンの違う記事を視たので紹介したい。日刊スポーツのサブローの記事だ。私も佐々木がマウンドで指を気にしていたのを確認できた。本来は2,3回の予定が1回で終わったものと思える。佐々木投手は野球界の宝であるので、起用法も無理のないように大切に扱う。甲子園予選決勝の回避もそうだが、基礎体力としての乗り越えなければならない壁が大きい。上背もあるのでプロの体になるまでの育て方がとても難しいように思える。

その点、千葉ロッテマリーンズは、ファームのコーチに人生経験豊富な小野晋吾、清水直行、大隣憲司コーチがいるので、心強い環境にある。二木、岩下、種市と高卒投手の育成に実績も上げている。

佐々木選手の指名に何ら問題は無いが、マリーンズスカウトの私としては岩下の後輩奥川(星稜高)を指名したい。甲子園を決勝まで投げる体力があり、周りの計らいもあり、肩肘に無理をしてきていないのが良い。これは先輩岩下投手の教訓が活きているためだと考える。より即戦力、将来性のバランスを求めるなら奥川であると私も思う。1位指名は佐々木にしろ、奥川にしろ、逃したくない。各球団の出方もあり、10月17日のドラフト会議まで目が離せない。

 

 

「重版出来!」を一気見

日本映画専門チャンネルで「重版出来!」を一気見しました。マンガの実写化に定評のある野木亜紀子の脚本です。2016年同じ野木さん脚本のTBSで放送された『逃げ恥』を観ていたので、いつか観たいなと思っていたドラマです。非常に楽しみにしていたのですが、いや期待通りでした。

体育会系の主人公黒沢心(黒木華)がマンガ編集者として成長して行く姿を描いたものですが、主人公だけでなく編集部のメンバーや漫画家たちのキャラクターがよく描かれているので、ストーリーが自然と回っているドラマでした。

トラキチの「バイブス」編集長和田(松重豊)、デスク五百旗頭(オダギリジョー)、看板の重鎮漫画家三蔵山龍(小日向文世)と層々たるメンバーに囲まれ、仕事にまっすぐに取り組む昭和のテイストを含む仕上がりになっています。

10話で最終回となりましたが、電子書籍の問題や売れなくなった漫画家の再起、また営業部との絡みなど、まだまだ物語は膨らみそうなので、早く役者のスケジュールを抑えて、『重版出来!第2版』を希望致します。


(出典『重版出来!』HP)

今こそ選手の入れ替えを

書き込みを暫く休んでいる間、千葉ロッテは20日間19試合の井口監督曰く「ありえない」スケジュールを消化。最後のオリックス3連戦を3連敗したものの、19試合を9勝9敗1分けの五分で乗り越え、監督的には「選手はよく頑張った」との発言です。(スポーツニッポン記事

オリックス3連戦の前に5割復帰。ここから貯金をしたいところでの3連敗。指揮官は「頑張った」と見たのでしょうが、ファンは納得できません。特に野手の動きは明らかに悪く、成績も伴いませんでした。オリックス3連戦の成績は、

荻野11打数-4安打、マーティン11-3を除くと
大地12-0、レアード8-0、中村8-2、角中7-1、田村6-0、平沢6-0、井上4-0です。

レギュラーがこれだけ打たなければ3連敗も止む無しです。
因みの4回の代打の機会の6-0です。

夏場の連戦は「ありえない」ことではなく、スケジュール通りです。1年を過ごせる体力をキャンプに作りこむものと思います。そのキャンプを実戦形式で臨んだ千葉ロッテ。だから、夏バテとの意見がありますが、私はシーズンインしてからの固定メンバーでの戦い方に問題があると思います。

ここに来て角中、井上、レアードは明らかにベストコンディションでもないのに毎日試合で使い、だらしないバッティングを披露しています。中村も1試合1本は出ていますが春先のバッティングには遠く及びません。誰でもが、10日の休みがあっても良いと思います。そのためのファームです。

三家、加藤のスタメン起用、ファームの安田、香月、バルガスとのチェンジをマリンに移動するこのタイミング実施して欲しいものです。特に安田は、井上、レアードが不調のなので、報知に言われるまでも無く、昇格即スタメンで使って欲しい。3塁、1塁、DHは監督に任せますが、3塁で育てて欲しい。来年の新人王より、今1軍投手の経験が大切です。選手のコンデションと競争環境づくり。20日の東北楽天戦のベンチ入りとスタメンが気になるところです。