ホームランラグーンで打率が低下する。

今日ウェブスポルバでホームランラグーンに関する記事を読みました。大塚外野守備走塁コーチや荻野貴司外野手のコメントを交えての記事となっているが、私も納得できるものであったので紹介したい。

ホームランラグーンの設置により、最大4ⅿフェンスが前に来たので、勿論ホームラン数は増える。それだけでなく、それを意識するあまり投手はボールを低めや外の球が多くなり、結果フォアボールは増えている様に思う。ここまで、四球がらみの失点が本当に多かった様に思う。

その代わり、マリン名物でもあった三塁打が激減した。ここまで0本とのこと。それにより、外野手の守備位置が以前より前に移動した。大塚コーチによると更に前に守らせたいとのこと。ここまで観て、確かに外野の前に落ちるヒットが少なくなった様に思える。角中や加藤が前での打球でファインプレイするシーンが増えた様に思える。

総括するとホームランラグーンは投手に不利なことばかりではないということになる。但し、マリーンズの主力を考えた場合、角中、中村奨、大地と中距離ヒッターが多いので、ホームランラグーンの恩恵を受ける処か、外野前のヒット性の当たりを取られていることになる。ホームラン数の増加に目が行くが、チーム打率の減少が心配である。内野のファールグランドも狭くなったので、その分打者有利ではあるが、現在のマリーンズにとっては、レアード以外は恩恵を受けにくい状況にある。固定メンバーで戦う井口野球であるが、ここは長距離砲であるアジャ井上の復調と安田尚憲の成長が待たれる、今日この頃である。