もっと強いチームで監督をやりたかった

開幕を前に元千葉ロッテで監督をされたこともある近藤昭仁さんが亡くなられたニュースが飛び込んできました。バレンタイン監督から江尻監督になり、成績が上がらず、広岡GM体制が崩壊した後のバタバタで弱い時代の(今も弱いですが)マリーンズを支えて下さった近藤さん。2年連続最下位に終わり、退団の記者会見で「もっと強いチームで監督をやりたかった」と言われたことが印象に残ています。ご冥福をお祈りします。

****************************

近藤昭仁さん死去=プロ野球元横浜、ロッテ監督-80歳

近藤昭仁氏
元プロ野球大洋(のち横浜、現DeNA)の内野手で横浜、ロッテで監督を務めた近藤昭仁(こんどう・あきひと)さんが27日午前1時23分、敗血症性ショックのため川崎市の病院で死去した。80歳だった。香川県出身。葬儀・告別式は4月1日正午から横浜市鶴見区鶴見2の1の1の総持寺三松閣で。喪主は妻由紀子(ゆきこ)さん。
高松一高、早大を経て1960年に大洋入団。同年に新人ながら二塁手として活躍し、球団初のセ・リーグ優勝に貢献。大毎(現ロッテ)との日本シリーズでは最優秀選手(MVP)に輝いた。その後も主力としてプレーし、62、65年にはオールスターゲームに出場した。実働14年で1619試合に出場し、打率2割4分3厘、65本塁打、360打点。
引退後は大洋、西武、巨人などでコーチを歴任。93~95年に横浜で監督を務め、ロッテ監督2年目の98年6~7月にはプロ野球最長の18連敗(1分けを挟む)を喫した。
(出典:時事通信)

ロッテ福浦「今の僕はなかった」恩師・近藤さん悼む

ロッテ福浦和也内野手兼2軍打撃コーチ(43)が恩師の死を悼んだ。

横浜ベイスターズの初代監督で、ロッテでも97、98年に指揮を執った近藤昭仁氏が27日、亡くなった。福浦は同監督に目をかけられ、97年に1軍初昇格。「近藤さんが監督じゃなかったら今の僕はなかった」と感謝は尽きない。

この日、ロッテ浦和球場で訃報に対し「本当に残念。それしかない。初めて1軍に上げてくれた監督だし、背番号を9に変えてくれた監督。18連敗とか、苦い思い出もありましたけど、やっぱり寂しいですね。僕はまだ若かったですし、かわいがってもらったって言ったらおかしいけど(試合で)使ってもらってありがたかった。18連敗だって、誰もしたいと思ってやってるわけじゃない。勝てなかった悔しさは今も忘れないし、本当、申し訳ないなという気持ちが大きいです」と、沈痛な面持ちを浮かべた。
(出典:日刊スポーツ)

「競争」を前提とした開幕オーダー

オープン戦も終わり、いよいよ29日からペナントレースの開始です。井口監督が常に言っていた「横一線の競争」であれば、以下の打順位なっても良いと思います。

8 岡 (荻野、藤原△)←オープン戦最終試合で藤原を逆転
9 加藤▲ (清田)
4 中村奨 (鈴木△)
3 井上 (三木、香月△)←ファースト鈴木も一考
7 角中△
5 レアード (安田△)
D バルガス▲ (新助っ人)←まずは下位打線で我慢して使う
2 田村 (江村、吉田)
6 平沢△ (藤岡△、高濱△)←本日の論点
P 石川 (涌井、ボルシンガー)

平沢を使って欲しいものです。オープン戦前半、藤岡の出遅れもあり、平沢スタメンの機会も多く、結果も出していましたが、藤岡の1軍合流と共にショートは藤岡に固定。平沢の出番が激減しました。競争を口にしている井口監督ですが、レギュラー固定は変わらない様です。数歩譲ってショートは高濱の筈です。

しかし、開幕のオーダーと思われるオープン戦最終試合は、ショート藤岡でした。肩の強いのは認めますが、もう少し打率と出塁率を上げて欲しい。平沢使えの声に文句を言わせない活躍を期待しています。

ロッテは、やはり育成下手

面白い記事があったので紹介したい。

ドラフト2位以下で指名して「規定打席(試合数×3.1)」に到着した選手が最近いるかのデータです。昨年2018年に複数いた球団が、北海道日本ハムと広島の2球団で、イメージ通りのデータです。オリックスと読売が、ここ5年間いないのも納得のデータ。オリックスは、2013年の伊藤光、読売は1997年(!)川相までさかのぼるそうな。読売まで行くと絶望的な育成力(育成環境)の無さです。

ちなみに我が千葉ロッテですが、田村に救われた形で、その後は、2014年の今江敏晃までいません。その後も2009年の福浦和也までいません。(西岡、サブローは1位指名)今江は実質1位みたいなものですから、福浦以外は高卒ルーキーが育っていないことになります。データ的にも、千葉ロッテは育成下手であることが証明されました。

平沢、安田、藤岡の平安京(平安恭)トリオが話題になっていますが、彼らは甲子園を沸かせたドラフト1位ですので、この統計の対象外です。投手は、二木、種市、岩下とそれなりに育ってきていますが、野手は厳しい状況です。近いところで香月一也(2014年5位)、長い目で山口航輝くん(2018年4位)に期待したいと思います。

**********************

育成上手はどこ?「高卒・ドラフト2位以下」のレギュラー輩出数で比較

近年のパ・リーグ優位が如実に表れる結果が……

今回検証してみたのは、育成に時間がかかるとされる高校卒で、なおかつドラフト2位以下で指名を受けた選手たち。レギュラーの証とも言える「規定打席到達をどれだけの選手が果たしているか」を、過去10年分(2009年~2018年)さがのぼり、球団ごとにもっとも新しい記録を掲載する。(※移籍選手は除く)

<2018年>
▼ ソフトバンク
中村 晃(07年・高校生ドラフト3位)
上林誠知(13年・ドラフト4位)
▼ 西武
浅村栄斗(08年・ドラフト3位)
▼ 日本ハム
中島卓也(08年・ドラフト5位)
西川遥輝(10年・ドラフト2位)
近藤健介(11年・ドラフト4位)
▼ ロッテ
田村龍弘(12年・ドラフト3位)
▼ 楽天
銀 次 (05年・高校生ドラフト3位)
▼ 広島
丸 佳浩(07年・高校生ドラフト3位)
鈴木誠也(12年・ドラフト2位)
▼ 中日
福田永将(06年・高校生ドラフト3位)

昨季の規定打席に到達した選手で、高卒ドラフト2位以下だった選手は7球団で合計11名。最多の日本ハムはもちろん、ふたり以上規定打席に到達した選手がいる3チームともAクラスに入っている。また、パ・リーグではオリックスを除く5球団に最低ひとりはいるという結果だった。
(出典:ベースボールキング)

バルガス、オープン戦で初ヒットですが‥。

オープン戦の成績が当てにならないと思うのは、2013年ドラフト5位で日本生命より千葉ロッテに入団した井上晴哉選手を思い出すからでしょうか。オープン戦の成績が、15試合で46打数20安打、打率.435、2本塁打、ドラフト制導入後、初となる新人でのオープン戦首位打者になりました。開幕を4番で迎えるも公式戦では結果が出せずのシーズンでした。

しかし、ここまで不振だと心配になるのも当然です。バルガスの現在までのオープン戦の成績は、9試合で26打数1安打、打率.038、0本塁打。もちろん規定打席達成者26人中で断トツの最下位です。

因みに、今年のパリーグの新助っ人は、オリックスのメネセスが、7試合で17打数7安打、打率.412、0本塁打、東北楽天のブラッシュが、8試合で25打数8安打、打率.320、2本塁打です。

ここまで、コントロールの良い日本の投手に、左右両打席共に、内角で詰まらされての内野ゴロ、外角は落ちる球に封を切る三振が目立ちます。内容が良くないだけに、大村巌打撃コーチの手腕に期待したいところです。開幕後は、ビックリする様な打棒をお願い致します。

MLB、没個性化進む? 永射は要らない?

MLBが2020年シーズンより、ワンポイントリリーフを禁止し、最低3人と対戦するルールを採用する様です。時間短縮の一環とのことですが、これで試合時間短くなりますか?  リリーフ投手が抑えられない2番目3番目の打者に投球する方は長くなると思いませんか? 2アウト満塁のピンチの時にリリーフした投手は次の回の2アウトまで投げるのかな? 打者1人を打ち取り、体調が悪くなったらどうするのかな? このルールは必要ないと思います。 百歩譲って、延長戦が無制限で引き分けないMLBには時短も必要かと思いますが、このルールNPBには必要ありません

このルールが採用されると、左の個性派投手が確実に減ります。没個性化進み、プロ野球の楽しみが減ることになります。1981年それまで左のサイドハンドの変則派永射保投手(クラウンライター、西武)を打ちあぐんだロッテのリーが右打席でヒットを打ったのは、いまだに語り草です。更に、柏原敬遠、ソレイタ勝負を目論んでいた永射が、柏原に投じた敬遠ボールを飛びついて打たれ、ホームランにされたこともありました。(これは申告敬遠ネタですね) とにかくNPBは、単純にMLBの右に倣えをするのではなく、充分に検討を重ねて、正しい判断をすることを願っています。

******************************

MLB、20年から“ワンポイントリリーフ”を禁止に…NPBへの影響は?

大リーグ機構(MVP)と選手会(MLBPA)は投手の打者3人との対戦を義務とすることで合意した。2020年シーズンから適用される。米スポーツ局「ESPN」が報じている。

これまでにMLBは試合時間の短縮を求め、同ルールについては2月上旬に選手会と議論していることが報じられていた。投手交代は試合進行を遅らせるだけに試合時間短縮へ大きな効果を与えることとなるが、ワンポイントのリリーフ投手への影響は必至。各球団は戦術やチーム編成の見直しが迫られることとなりそうだ。

これまで捕手と走者の衝突を防ぐためのコリジョンルール、外野フェンス沿いの打球判断やクロスプレーの判定で映像を使ってリプレー検証するチャレンジ制度(日本ではリクエスト)、申告敬遠についてはMLB導入後にNPBも実施してきた。“ワンポイントリリーフ禁止”が日本球界へも影響を与えるのか注目される。
(出典:フルカウント)

がんばれ、永野!

千葉ロッテの永野将司投手が、「広場恐怖症」であることを公表しました。150kmを超えるストレートが投げられる貴重な左腕として、2年目の今年とても期待していました。ところがキャンプ早々に、体調不良のニュース。心配していましたが、事情が分かり納得しています。球団もドラフト以前から永野の状態は理解しての指名の様ですので、今後は家族、球団とタッグを組んで、状況改善へ取組んで頂きたい。パ・リーグは、札幌から福岡まで長距離の遠征が普通にあります。まずは体調管理に重点を置き、マリン限定でのセットアッパーを期待します。

************************

ロッテ永野、病に負けん1回零封 試合後に「広場恐怖症」公表

ロッテの2年目左腕、永野将司投手(25)が12日、不安障害の一種である広場恐怖症を公表した。ZOZOマリンのオープン戦・ヤクルト戦後に「コーチのご理解もいただいている。しっかり治療していきたい」と明かした。

診断を受けたのは社会人のHonda時代で、飛行機や新幹線で長距離移動の際に激しい動悸(どうき)などが起きるという。各駅停車の新幹線利用などで対応してきたが、今年2月の沖縄キャンプは参加を断念した。

この日は5番手で1回無失点。永野は「真っすぐで押せた。スピンの利いた球を投げられた」と話した。球団関係者は「同じ症状に苦しむ方を勇気づける意味でも本人が公表を決意した」と説明。今後はカウンセリングや仮想現実(VR)体験などで治療し、可能な限り遠征に参加する。

◆永野 将司(ながの・しょうじ)1993年(平5)3月2日生まれ、大分県出身の26歳。日出暘谷―九州国際大を経てHondaから17年ドラフト6位でロッテに入団。最速154キロの直球が武器で昨年は1軍で4試合に登板した。1メートル81、82キロ。左投げ左打ち。

▽広場恐怖症 通常であれば何でもない状況に対し、過剰な恐怖や不安を持ってしまう「不安症候群」の一つ。呼吸が苦しくなったり、心臓が締め付けられるなどのパニック発作に見舞われた後、再発を不安に感じ特定の場所や状況を避けるようになる。「広場=人の多い場所」を意味し、列車やバス、飛行機などの公共交通機関や、店や映画館などの囲まれた場所、列に並ぶなどの群衆の中で発症することが多い。約30~50%がパニック障害を併発する恐れがある。
(出典:スポーツニッポン)

BCリーグ栃木に西岡剛入団

2010年千葉ロッテ優勝の立役者、西岡剛選手の独立リーグルートインBCリーグ栃木ゴールデンブレーブスへの入団発表されました。昨年のトライアウト受験から情報が無かっただけに心配していました。2019年の就職先が決まり、私もほっとしました。まだ34歳と若いので、NPBを見返すようなBCリーグでの無双を期待したいところです。

栃木と言えば先に入団を発表した岡田幸文がコーチとして所属しています。同い年の二人なので、技術的なところ、メンタルなところのでの岡田選手のフォローを期待したいところです。

バルガス、大丈夫?

オープン戦だから、結果は気にしないのが正しいスタンスかもしれませんが、やはり心配です。期待の新助っ人バルガスのオープン戦での成績が、18打席15打数0安打3四球8三振の大低調ぶり(3月10日時点)。規定打席を超えている24人の中でヒットの出ていないのは、バルガスのみです。

個人的な意見は、オープン戦の内に悪いものを出した方が良いと思っていますので、本人の明るい性格もあり、さほど心配していないのですが、井口監督が我慢できるかが大いに心配です。すでにオープン戦での打順も5番から7番に降格。このままだと2軍行きも考えられます。

昨年、新助っ人のドミンゲスが、やはりオープン戦では打てず、打率.158、0本塁打に終わり、開幕二軍スタート。一線級の日本人投手に慣れることなく、シーズンインを迎え、5月に確変を迎えたものの、井口監督に使ってもらえず、結果シーズンを通して37試合、打率1割9分、7本塁打、16打点に終わりました。井口監督がタイミングよく、もう少し我慢強く使っていれば、結果は違ていたと思います。

今年は、DHㇾヤードの手もあるので、見切りは早いかもしれません。チームのムードメーカーでマスコミ受けも良いので、是非これから頑張って欲しいものです。同郷プエルトリコのソトさん(ベイスターズ)、ケアをお願いします。

アマ球界ではフェースガード使用不可?

プロ野球で着用者急増中のフェースガードが、アマ球界では使用不可であることをスポーツ報知の記事で今日知りました。アマ球界では、安全規格に合格したヘルメットしか試合で使用できないそうです。フェースガードは、部分的にヘルメットに取り付けるため、安全規格を通らないそうな。

プロ野球で使用している人は、顎がむき出しになっているより安全と思っているから、採用しているのです。一体型でないと規格を通らないでは困ります。1979年に八木沢(ロッテオリオンズ)から死球を顔面に受けたマニエル(近鉄)が採用したアメリカンフットボールを彷彿させるガード付きヘルメットでないとダメですか? プロ野球での社会権もありますし、今すぐにアマチュアでも採用しましょう。それとも、フェイスガード関連の会社が潤うので、利権がらみで、親元で統一化したいのでしょうか?


▲1979年 近鉄チャーリー・マニエル

『気になる嫁さん』前半の佳境へ

チャンネルNECOで絶賛(?)放送中の『気になる嫁さん』が第12話まで放送を完了しました。ご存知の方もいると思いますが、第10話「突然の悲しみ」で衝撃的な事件が起きます。何とめぐ(榊原るみ)の婚約者である純(関口守)が、アメリカの大学に留学中に心筋梗塞で亡くなったのです。

ということで、『気になる嫁さん』も前半戦の佳境に入りました。季節も年の暮れから正月へとあわただしい季節です。(当時は、12月29日や1月5日に20:00から1時間ドラマを放送したのですね)
今では珍しい1年間のロングランドラマ。40話までありますので、コミカルな清水家の面々の演技と当時の懐かしい小田急線沿線の風景を味わいながら、充分に楽しみたいと思います。


▲『気になる嫁さん』放送リスト