「フライボール革命」大丈夫?

山村球団社長は、「チーム戦略室」の新設について、次のようにも語っている。「球団経営が黒字化し、来年から攻めに転じます。2億円を投資し、目指すのはフライボール革命を成功させたアストロズです」

発言で気になるのは「来年から攻めに転じます」です。やっぱり今まで攻めてなかったのねと突っ込みたくなりますが、本当に気になるのが「フライボール革命」です。

「フライボール革命」とは、守備シフトが進化し、速い打球のゴロが守備の網にかかることから、内野を越す飛球の方が安打の確率が高くなる理論。アストロズはこの「データ野球」を基に、17年にワールドシリーズを制し、話題となった。

ボールを引く付けて強くスイングする「金森理論」は、バットスイングの早い打者は良い結果を産みましたが、ロッテの打者は差し込まれることが多くあった様に思います。どんなに良い理論でも実践が伴わなければ空論に過ぎません。「フライボール革命」も同じです。実践できそうなメンバーいるでしょうか? そのためのホームランラグーンですか? メンタルも含めて鍛えてくれる大村巌打撃コーチ、期待しています。


▲山室球団社長ラッキーTシャツ

「チーム戦略部」新設、山室球団社長公約

データ改革に2億円投資

ロッテの山室晋也球団社長(58)は球団仕事納めの26日、来季のチーム強化へ「チーム戦略部」を新設することを明らかにした。2年目を迎える井口資仁監督が要望し、2億円を投入した日本一の「データ野球」を目指していく。球団創設50年目で初の黒字は約7億円になる見通しだと語った山室社長は、その資金を来季のチーム強化へとつなげると約束した。本当ですか?

“楽天の頭脳”を獲得

新たな部署は19人体制。楽天のチーム戦略室スコアラーグループマネジャーだった行木(なめき)茂満氏ら他球団の専門家4人を含む6人を新たに雇用。アナリスト(分析官)6人体制であらゆる情報を分析する。

行木氏は千葉県出身。東京・関東第一高では野球部に所属していた。卒業後にスポーツのデータ分析を行う会社に就職し、メジャー球団のデータ分析を担当。そこで培った分析力を請われて野村克也監督が指揮を執っていた08年に楽天に入団した。自他チームの選手の膨大なデータを分析し、的確な情報を提供。今季もベンチに入り、相手投手の攻略法を首脳陣と練るなどチームを支えてきた。

使いこなすのは選手

球界では当たり前だった高性能弾道測定器「トラックマン」を今季ようやく導入するなど、データ部門の設置は最後発。今年の最下位が楽天であることからもわかる通り、使いこなすのは選手である。
(出典 スポーツニッポン)

山田太一さんの心を動かしたノンフィクション

公開直前(12/28)の映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 が話題です。原作者は、ノンフィクションライターの渡辺一史さん。原作タイトルは、『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』で、2003年に、第35回大宅壮一ノンフィクション賞、第25回講談社ノンフィクション賞をW受賞しています。

映画の予告編を見た時に、まず山田太一さんの『男たちの旅路』シリーズ最終話『車輪の一歩』を思い出した。

『男たちの旅路』は、各3話で第4部まで制作されたNHK放送のドラマです。(1976年~1979年)鶴田浩二演じる戦争を実際に体験した特攻隊の整備員あがりのガードマン吉岡司令補が「いいか、君たちは弱いんだ。それをわすれるな」と新人のガードマン達(水谷豊、森田健作他多数)を諭す台詞が第1部1話にあり、その台詞が全編に通して流れる作品です。シリーズ最終話となる第4部3話『車輪の一歩』では、「迷惑をかけることを恐れるな」と社会的弱者である車いすの青年(斎藤洋介)に提言するシーンを思いだした次第です。
◀『男たちの旅路(第4部)』

映画の話に戻りますが、「タイトル聞いたことあるな?」と思っていましたが、調べてみたら、山田太一さんのエッセイをまとめた『夕暮れの時間に』(河出文庫)に、『こんな夜更けに~』の文庫版解説文がそのまま掲載されていました。本は読んでいないが、解説を読んでいたことになります。そのエッセイでの解説のタイトルは「これはよくある本ではない」でした。解説のおすすめも有り、早速『こんな夜更けに~』の文庫本を購入。帯には山田太一さんのお言葉もあり、今年中に文庫版を読み、来年早々、映画版を見に行きたいと計画中です。

投球数制限より大切なこと

来年の春季新潟大会で投手の球数制限を導入することを新潟高野連が決めたとのニュースがあった。故障予防や選手の出場機会増加などが目的で、投球数が100球に達した投手はそれ以降の回では投球できない。各都道府県高野連が管轄する公式戦で初めての取り組みになる。

非常に良いことであるが、形だけの球数制限では意味がない。普段の練習での投げ込みや決勝前の連投など、本質的なところに気配りをしないと何の意味もない。大切なことは、選手を預かる監督、コーチ、部長などの指導者側が肩やひじ、メンタルにおいて、どれだけ意識を持っているにあると思う。

元横浜高校野球部部長の小倉清一郎さんの日刊ゲンダイの記事で「鬼の秘伝書」で以下のコメントを残している。

「横浜高からプロ入りした歴代の投手の中で、練習を課した1位が松坂、2位が涌井(ロッテ)なら、最も練習をさせなかったのは成瀬だ。松坂のように体が強靱ではなく、すぐに壊れてしまいそうだった。周囲が何と言おうが「ひいき」をすることにした。1学年下の涌井にはやらせ、成瀬には免除した練習もある。入学当初からコントロール抜群。投げ込みやランニングを制限しながら大事に育てた。」

一人一人にあった練習方法があり、個人の性格も考慮しながらやることが大切であり、指導者がそのことを理解しないと球数制限だけでは守れない。逆に指導者が理解していれば、球数制限もいらないことになる。そのようになることを切望したいが厳しいだろう。その点では、新潟高野連の決定は一石を投じたことになり、評価されるべきであろう。プロ野球の指導者ですら、セットアッパーは何年にも渡りフル稼働し、動けなくなるまで毎試合、毎日投げている。そろそろ根本を見直す時期である。

千葉ロッテの選手をプロテクトしてみました

埼玉西武ライオンズ炭谷捕手のFA移籍に対して人的補償として、読売の元エース内海投手が指名され話題となっています。有望な若手を数多くかかえる読売で、ベテラン投手がプロテクトから漏れた様です。フロントも苦肉の決断であったと思います。今回の件を千葉ロッテに置き換え、勝手に選手をプロテクトしてみました。

まず現在人的補償の対象となる選手は、外国人、育成選手、今年のドラフト選手を除く以下の選手です。
投手:佐々木千隼、石川歩、大谷智久、関谷亮太、涌井秀章、唐川侑己、東條大樹、内竜也、酒居知史、山本大貴、松永昂大、西野勇士、大嶺祐太、南昌輝、土肥星也、渡邊啓太、有吉優樹、島孝明、成田翔、岩下大輝、田中靖洋、益田直也、原嵩、高野圭佑、阿部和成、永野将司、種市篤輝、二木康太
捕手:田村龍弘、吉田裕太、宗接唯人、江村直也、柿沼友也
内野手:藤岡裕大、安田尚憲、鈴木大地、中村奨吾、福浦和也、平沢大河、高濱卓也、三木亮、井上晴哉、香月一也、細谷圭
外野手:荻野貴司、清田育宏、角中勝也、加藤翔平、菅野剛士、伊志嶺翔大、岡大海、三家和真

この中で、私が勝手に選んだプロテクトが必要な選手は以下の太文字の選手になります。投手:佐々木千隼、石川歩、大谷智久、関谷亮太、涌井秀章、唐川侑己、東條大樹、内竜也、酒居知史、山本大貴、松永昂大、西野勇士、大嶺祐太、南昌輝、土肥星也、渡邊啓太、有吉優樹、島孝明、成田翔、岩下大輝、田中靖洋、益田直也、原嵩、高野圭佑、阿部和成、永野将司、種市篤輝、二木康太
捕手:田村龍弘、吉田裕太、宗接唯人、江村直也、柿沼友也
内野手:藤岡裕大、安田尚憲、鈴木大地、中村奨吾、福浦和也、平沢大河、高濱卓也、三木亮、井上晴哉、香月一也、細谷圭
外野手:荻野貴司、清田育宏、角中勝也、加藤翔平、菅野剛士、伊志嶺翔大、岡大海、三家和真
これで、28人ちょうどになります。

プロテクトに漏れた選手の傾向は、内野手、外野手は一軍経験豊富な実績のある選手が多いが、年齢と成績を考慮すると厳しい選手。投手と捕手は、一時期活躍したがやはり年齢がいっているか、本当は期待したいがまだ芽が出ていないこれからの選手。となりました。

これからの選手は、本当にプロテクトしたいが枠がない。昨年2017年に指名した山本、菅野、渡邉、2016年に指名した島、土肥、宗接もプロテクトできない。長年千葉ロッテに貢献した大谷、西野、細谷、清田、加藤も今年のドラフトを考慮するとプロテクト漏れとなりました。

これがFA補強の代償と言えばそれまでですが、フロントも本当に頭を悩ますものと思います。ファンとしては、プロテクト外から誰が指名されても残念でなりません。移籍先での活躍を応援するのみです。何がきっかけにブレイクするか分かりません。ここでプロテクト漏れとなった選手も、私の予想を大きく裏切って、来シーズン千葉ロッテで大活躍することを期待しています。

エレガントクルーズ転厩

障害練習を始めたとの情報が入った木村哲也厩舎の愛馬エレガントクルーズ(3歳牝馬)が、黒岩陽一厩舎に転厩となりました。美浦第2位の勝星を誇る木村厩舎ですが、それだけ優秀な馬を管理していることになり、木村厩舎は管理頭数が多く、スムーズな入厩、出走が難しい状況の様です。ノーザンファーム天栄にいたエレガントクルーズでしたが、早速12月19日、美浦トレーニングセンターに入厩しました。

かつてアンブロワーズがベテラン美浦の小島太厩舎に所属し、函館2歳(GⅢ)を制し、阪神JFで2着と好走したのですが、その後良いレースが出来ず、栗東の平田修厩舎に転厩。その後、復活して1600万下、オープンと2勝したことがありました。エレガントクルーズにとって良い転厩であることを願います。


2018年3月10日 中山競馬場1R3歳未勝利 ダ―ト1800m優勝
(内田博幸騎手)

セットアッパーの先発起用

2018年12月19日、『日刊スポーツ』で今シーズンの千葉ロッテを記録で振り返る「データで見る2018ペナント・ロッテ編」のコラムが掲載されました。内容の一部に以下の記事「初回が鬼門」がありました。

*********************************

(以下ネットニュース)

ロッテが全球団ワースト初回105失点

ロッテは前半戦終了時に40勝38敗2分けと勝ち越していたが、球宴後は19勝43敗1分け、勝率3割6厘。後半戦の勝率は両リーグ最低だった。立ち上がりの悪い投手が多く、ロッテ投手陣の初回は被打率3割1分の105失点で、イニング別では被打率、失点とも初回がワースト。今季、初回の被打率が両リーグで唯一3割を超え、100失点以上もロッテだけ。初回に失点した試合は20勝31敗1分け、勝率3割9分2厘だった。逆に、初回の得点は楽天の61点に次いで少ない63点しかなく、ロッテの先制試合は両リーグ最少の63度。後手に回った試合が多かった。

 
***********************************

確かに今年の先発はよく打たれた感覚があります。石川、涌井を始め初回に失点し、弱い打線で追いつかない、後手後手の試合が確かに多かったと思います。そこで、シーズン中から思っていた「セットアッパーの先発起用」を来年やるのでは少し考えました。

今年メジャーでは、5月19日、20日、エンゼルスタジアムで、レイズが普段セットアッパーサイドハンド右腕セルジオ・ロモ(35)を2日続けて先発させました。19日は右バッターを並べるエンゼルス打線相手に3者三振、20日も1回1/3を投げ3三振の好投し、先発にバトンタッチしたことで話題になりました。

先発の立ち上げりの悪いロッテでの採用は十分考えられます。例えば西武では1番秋山、2番源田で左打者固定ですので、先発松永を当ててから、本来の先発投手へ変わることです。

松永自体、3年連続50試合以上登板で、かなりの蓄積疲労があることが想像出来ます。現に今シーズンの後半は、本来の球威がなく秋には左肩痛でリタイヤ、侍ジャパンを辞退する状況になりました。長いシーズンのある3連戦だけ肩を毎試合作らなくて良い。先発で2試合長くて2イニング投げる方が肩を作る負担は少ないと思いますが、ルーチンが崩れることになるので、やってみないと松永への負担は解らないことが多いのも事実です。

予告先発ではありますが、それで打線をいじることは無いでしょう。涌井、石川クラスの投手ならば先発のこだわりもあると思いますが、4、5番手の投手(若手は除く)ならば試す価値は有りかと思います。ファンとしては、先発の松永昂大(以前ありますが‥)の3者三振を是非見たい気がします。リリーフ陣の年棒を上げてもらうネタにしてもOKです。メジャー経験のある吉井理人新一軍投手コーチの起用法が楽しみです。

「IEレビュー」編集後記

「IEレビュー」は、日本インダストリアル・エンジニアリング協会(日本IE協会)に加入している法人、個人に、定期的(5月、8月、10月、12月、3月の年5回発行)に無料で配布している機関誌です。「IEレビュー」は、国内外のIEに関する研究や、改善活動事例の紹介を通してIEの普及を図るために編集されています。日本IE協会への入会方法は「日本IE協会HP」をご覧ください.。

因みにIE(経営工学)とは、Industrial Engineeringの略で、「経営目的を定め、それを実現するために環境との調和を図りながら、人、物、金及び情報を最適に設計し、運用し、統制する工学的な技術・技法の体系(Z8141-1103)」と定義されています。

「IEレビュー」は、毎回、テーマを決めて、研究論文、活動事例、関連情報などを具体的で、現場サイドに立って、わかりやすく提供することを方針としています。企業は、常に生産性を上げることが最大の課題で、「企業競争力の根源」でもあります。「IEレビュー」は、この生産性を上げていくためのノウハウを的確に提供するわが国唯一の実務専門誌です。今日は、2018年3月号にて特集テーマ「モノづくりにおけるIT活用」において編集後記を記述させて頂きましたので、ここに記録します。

—————————————————————————————–

◎IT技術の進歩は、IoTやAIという形で、我々の生活や工場現場を変えようとしている。それは、AIが自ら学習を繰り返すディープラーニングの学習システムが急速に進化したことによる。グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁AI「アルファ碁」と、世界で最も強い韓国棋士が勝負し、「アルファ碁」が勝ったニュースが記憶に新しい。最近は「アルファ碁ゼロ」として更に進化しているそうだ。
ディープラーニングの活用は、産業界にも広がり、農業では、天気、気温、日照、風などの情報をセンサーで確認して、水や肥料を自動で供給する農業システムもあるそうである。ディープラーニングでは、解を決定する要因をコンピュータ自らが学習し、自動的に最適解を導き出す。ビッグデータの解析力を持ったシステムは、これまでとは精度が飛躍的に向上している。では、人間の仕事をする領域は、どこなのか? コンピュータの解析した結果に従うことが仕事になるのか?
入社以来、長くIEを担当した私は、工程とデータをストップウオッチ、そしてビデオで現場を観察していた。ある意味、工程と製品QCDを観察しながらつないでいたことになる。システムの進化も大切だが、人間による技術の伝承も大切であろう。どの時代になっても、行動の“肝(きも)”を決めるのは人間であって欲しいものである。

<参考 日本IE協会HP>

マセラシオン、終始最後方で14着

愛馬マセラシオンが中京9レース500万下芝2200ⅿに富田騎手で出走しました。発馬早々に他馬のあおりを受け1馬身程の出遅れ。終始最後方を追走する競馬となり、第4コーナーで大外に持ち出しましたが、直線の伸びも叶わず14着に終わりました。10番人気でしたが、クラブからの情報も上々でしたので、掲示板(次走出走権)5着くらいは期待していましたが、残念な結果になりました。

敗因は、スタートの後手で勝負になる位置取りが取れなかったこと、馬体重がマイナス8㎏の440㎏に減ったこと、良馬場でしたがやや水分を含んだ馬場であったことなどが挙げれれます。次走は何とかパンパンの良馬場で中段につけての直線直線一気でわかして欲しいものです。

これにて愛馬の今シーズンの競争は終わりました。2018年シーズンは、17戦2勝(.118)の結果となりました。掲示板(5着以内)の回数も3回(.176)と未勝利に終わった2006年以来の低調な成績となりました。
来年は、ブルーミングアレーアンブロワーズの牡馬が走るので2歳戦に期待したいと思います。


▲2018年愛馬成績

愛馬マセラシオン、今年最後の出走!

愛馬マセラシオン(3歳牝馬)が12月16日(日曜日)、中京9レース芝2200m500万下に富田暁騎手で出走します。今年の愛馬の出走は、このレースが最後となります。

前走の昇級初戦で5番人気に支持されましたが、いいところなく後方のままで終っています。今回は18頭立てフルゲートになりましたが、小倉競馬場で優勝に導いた富田騎手を背に、減量を活かして掲示板を狙います。


2018年8月5日小倉7レース芝2000ⅿ3歳未勝利
マセラシオン優勝(富田暁騎手)

<レース情報出典 ネット競馬com>