2カード終わっての千葉ロッテマリーンズ

いやいや、予想以上のスタートです。2カードを終えて、3勝3敗以上を目論んでいましたが、結果1勝5敗です。現地観戦の開幕戦に勝ってから5連敗です。近藤監督の呪いでしょうか?(失礼しました) 打者は井上の22打数1安打.045などありますが、ホームランが12球団唯一の二けた11本出ているので何とかなっています。
しかし、投手陣が悲惨です。6試合で12球団最多の46失点。平均7.7点取られてはかないません。石川以降の先発がQSどころか5回持たずに5失点以上です。

・ボルシンガー 4回2/3 5安打 5失点
・有吉     4回2/3 5安打 5失点
・涌井     4回   9安打 5失点
・ブラントン  2回   7安打 5失点
・小島     2回   7安打 8失点

(出典:スポーツナビ:2019年4月4日現在)

石川、ボルシンガーも登録抹消で、ここまで来たら明日のホークス戦、予告先発の岩下に期待するしかありません。ファームは首位を走っていますので、これを機に、投手は種市、二木、打撃は1番から3番を藤原、平沢、安田にしてもらい、ヤングマリーンズへの舵きりをお願いします。これなら、負けても納得が行きます。藤原を使わないなら1軍に置く必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です