近鉄バファローズOB会が活動終了

毎年やっていた近鉄OB会が今年で終わりになるそうです。川崎球場時代のオリオンズが大好きな私としては、本当に寂しいニュースです。関西に阪急、南海、近鉄と鉄道会社で3球団あった時代が懐かしいです。特に近鉄は、1988年10月19日の川崎球場でのダブルヘッダーもあり、想い出には事欠きません。是非、若き近鉄OBメンバーで、楽しいバファローズOB会が再結成されることをお祈りしています。

*****************************************

近鉄OB会による親睦会が12日、大阪市阿倍野区の天王寺都ホテルで行われ、OB会としての最後の活動を終えた。

梨田昌孝元監督(OB会副会長)、土井正博前中日打撃コーチ、村上隆行中日打撃コーチ、羽田耕一三田学園総監督ら63人が出席し、鈴木啓示OB会長があいさつ。「寂しいですが、今回を最後にしようということになりました。2時間しかないですが、きょうは存分に楽しんで下さい」と、この日の開会を最後にすることを伝えた。

04年のオリックスとの球団合併で「近鉄バファローズ」の球団名が消えたあとも、近鉄本社の支援もあり、近鉄単独のOB会として鈴木会長、梨田昌孝副会長のもとで開催を続けていた。ヤクルト坂口、近藤、巨人岩隈が近鉄最後の現役選手として活躍中。ただ今後、新たな入会者が出ないことから、事務局として4、5年前から活動を取りやめる可能性をにおわせてきた。鈴木会長は「球団がなくなったあともOB会としての活動は続けてきましたが、限界でした。休会では(再開を)期待する人も出てくる。だからきょうをもってOB会も懇親会も終わりにしようということになりました」と説明。バファローズを代表する大エースで、近鉄一筋だった鈴木会長は「球団がなくなるということは、それだけ寂しいことです」と悔しさを押し殺した。(出典:日刊スポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です