秘密のデカちゃん、観ました

多彩な出演陣

石立鉄男の隠れた名作、「秘密のデカちゃん」を久し振りにTBSチャンネルで観ました。1981年大映テレビ制作のコメディタッチの刑事ものです。コメットさんで人気を博した大場久美子とのW主演。
脇を固めるのが、名古屋章、峰岸徹、谷幹一、秋野太作、鈴木ヒロミツ、岡本達哉、宅麻伸、由紀さおり、岡まゆみ、比企理恵とそうそうたる面々です。オープニングテーマを歌うのが松崎しげるです。(「トミマツ」の松山刑事役で出演して欲しかったですね)
ゲストも、石立ドラマ常連の山本紀彦(26話)や意外性の森昌子(3話)など、出演者のテロップを観るのも楽しみの一つです。

大映テレビ制作作品

石立鉄男と言えは、「おひかえあそばせ」から始まるユニオン映画シリーズが有名ですが、大映テレビとのコンビも「おくさまは18歳」「赤いシリーズ」となかなか力作ぞろいです。1970年代の代表作がユニオン映画シリーズの作品としたら、1980年代の代表作は「秘密のデカちゃん」と私は思います。石立鉄男ファンならずとも、大場久美子のファンでなくても、昭和ドタバタコメディがお好きな方は、一度観てやって下さい。


「秘密のデカちゃん」データ
・放送時間:水曜日20:00 ‐20:54(54分)
・放送期間:1981年4月15日‐1982年1月6日(30回)
・制作局:TBS、大映テレビ
・プロデューサー:春日千春、千原博司(大映テレビ)、野村清(TBS)
・出演者:石立鉄男、大場久美子
・オープニング:松崎しげる「JAKA JAKA」
<出典 ウィキペディア(Wikipedia)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です