神様、仏様、大地様

やってくれました。再三のチャンスをつぶし、東條の失策に絡む失点までもあり、敗色濃厚だったマリーンズが、9回に6点のサヨナラ勝です。

この日は、大地様様です。9回の表を田中靖洋が0で抑えた裏の攻撃、口火を切る連続本塁打に始まり打者一巡、2アウト満塁スリーツーからのバットを折っての2点サヨナラ打。「勝てないまでの反撃」に終わらず、本当に良かったです。涙が出るくらい感激しました。

▲今季3度目サヨナラ安打の大地(写真:日刊スポーツ)

勿論、大地までつないだタム、オギにも感謝しかありません。これを切っ掛けに清田、井上、レアードのクリーンアップの調子が戻ると最高です。そして今日が大切な一戦となります。プロ入り初登板の中村稔弥(亜細亜大学)の援護をお願いします。

2019年6月16日(日)

(出典:日本野球機構HP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です