無観客競馬に思うこと

27日、JRAから「新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2月29日(土曜)以降の中央競馬について、当面の間、開催競馬場へのお客様の入場をお断り」のお知らせがありました。プロ野球のオープン戦の無観客試合は始め、各スポーツイベントが延期、中止になっているので、無観客競馬も致し方ない決定かと思います。

勝馬投票券購入の6割以上がネット時代とはいえ、無観客となるとの売り上げも20%くらいは落ちるのかなと考えます。入場収入、グッズの売り上げなども含めるとJRAは大きな痛手と思いますが、高額なPRを打てるJRAには、改めてお金の使い方を考える良い機会と考えます。

人気若手俳優を起用したコマーシャルなど、若い世代を取り込みたい気持ちはわかりますが、いかがなものと思います。本来の馬の美しさや生産者、牧場の取り組み、またスポーツとしての騎手の技術についてなどに焦点を当てたものに切り替えて欲しい。本当のファンは今のコマーシャルに納得していないでしょう。JRAには一考をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です