涌井が金銭トレードで楽天へ

涌井秀章投手の楽天への金銭トレードが発表されました。美馬の人的補償プロテクトのリストからも漏れていたことが予想され、人的補償での移籍より、涌井の面子をを考慮して、双方の入団で合意されたものと思います。

噂のWEB番組、里崎チャンネルによると12月3日には、涌井の楽天へのトレードは決定していたようなので、人的補償の決定を待っての発表と思われます。

涌井には6年前FAで入団して頂き、ローテーションを守って頂きました。伊東監督の下、厳しいチーム状態を支えてもらい感謝しかありません。ここ3年は厳しい成績になっていますが、環境が変われば全盛期とは言えませんが、もう一花咲かせることは出来るでしょう。ロッテ戦以外で頑張って欲しいものです。

戦力的には、涌井の穴は美馬でカバーできるでしょう。昨年ブルペンで頑張った酒居が人的補償で移籍するのは大変痛いのですが、若い小野郁投手(西日本短大付属高)が同じく人的補償で入ったので良しとしましょう。ファームでの活躍を一軍でも見たいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です