投球数制限より大切なこと

来年の春季新潟大会で投手の球数制限を導入することを新潟高野連が決めたとのニュースがあった。故障予防や選手の出場機会増加などが目的で、投球数が100球に達した投手はそれ以降の回では投球できない。各都道府県高野連が管轄する公式戦で初めての取り組みになる。

非常に良いことであるが、形だけの球数制限では意味がない。普段の練習での投げ込みや決勝前の連投など、本質的なところに気配りをしないと何の意味もない。大切なことは、選手を預かる監督、コーチ、部長などの指導者側が肩やひじ、メンタルにおいて、どれだけ意識を持っているにあると思う。

元横浜高校野球部部長の小倉清一郎さんの日刊ゲンダイの記事で「鬼の秘伝書」で以下のコメントを残している。

「横浜高からプロ入りした歴代の投手の中で、練習を課した1位が松坂、2位が涌井(ロッテ)なら、最も練習をさせなかったのは成瀬だ。松坂のように体が強靱ではなく、すぐに壊れてしまいそうだった。周囲が何と言おうが「ひいき」をすることにした。1学年下の涌井にはやらせ、成瀬には免除した練習もある。入学当初からコントロール抜群。投げ込みやランニングを制限しながら大事に育てた。」

一人一人にあった練習方法があり、個人の性格も考慮しながらやることが大切であり、指導者がそのことを理解しないと球数制限だけでは守れない。逆に指導者が理解していれば、球数制限もいらないことになる。そのようになることを切望したいが厳しいだろう。その点では、新潟高野連の決定は一石を投じたことになり、評価されるべきであろう。プロ野球の指導者ですら、セットアッパーは何年にも渡りフル稼働し、動けなくなるまで毎試合、毎日投げている。そろそろ根本を見直す時期である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です