大切な一戦を4四死球で落とす

大切なオリックス2連戦の2戦目。スタメンは6番バルガス、7番菅野、8番平沢とまずは、角中、中村をひと試合でスタメンに戻さなかった井口監督にホッとしました。

試合は初回から平沢がダブルプレイを焦り、痛恨の悪送球で始まりました。その後は難しい当たりもそつなくこなしていたので、あとはバッティングでアピールして欲しいものです。試合は、榊原、岩下の投手戦となり、2点を追う厳しい展開になりましたが、清田、レアードが本塁打を放ち、9回まで4-2の勝バターン。でしたが、守護神の益田が乱調で3点を奪われ、サヨナラ負けとなりました。

8人の打者の4四死球の45球を投げてはどうにもなりません。打たれそうな顔つきでしたが、明日が休みもあり、代える訳にもいかず、踏ん張って欲しいところでした。まあ毎回完璧に抑えるのは難しいですが、4四死球は頂けません。レイビン、内がいつになるか分かりませんので、これを良い勉強に強気のピッチングをお願いします。吉田も良い勉強になったと思います。明日からのソフトバンク3連戦。何とか勝ち越して、貯金生活を維持したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です