千葉ロッテマリーンズを応援している経緯

金田監督就任

1973年、ロッテオリオンズに金田正一監督が就任。当時のオリオンズは、仙台宮城球場を本拠地としていましたが、基本東京スタジアムのなごりから、後楽園球場、神宮球場、川崎球場と転々と主催試合を行い「ジプシーロッテ」との愛称を頂いていました。川崎球場が一番近かったこともあり、中学生の頃には、大洋ホエールズ戦と合わせて、年20~30試合見に行く熱狂的なプロ野球ファンになっていました。

猛者揃いのパ

1973年のパリーグには、野村(南海)、張本(日拓)、長池、福本(阪急)、土井、鈴木(近鉄)、東尾(太平洋)などの猛者ぞろいで、大洋戦よりロッテ戦を見に行くことが自然と多くなりました。世間では、読売のV9に沸いていましたが、判官びいきもあり、益々パリーグの試合を見に行くことになりました。

ロッテオリオンズ日本一

1974年には、ロッテオリオンズが、パリーグ制覇。金田留広投手、村上公康捕手、山崎裕之二塁手、有藤道世三塁手がベストナインに輝きました。日本シリーズでも中日を破り、日本一になります。MVPは弘田外野手でした。この感動を忘れず今も応援している次第です。(まさかあれから44年間、リーグ優勝からの日本一が観られないとは夢にも思っていなかった‥‥)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です