千葉ロッテの選手をプロテクトしてみました

埼玉西武ライオンズ炭谷捕手のFA移籍に対して人的補償として、読売の元エース内海投手が指名され話題となっています。有望な若手を数多くかかえる読売で、ベテラン投手がプロテクトから漏れた様です。フロントも苦肉の決断であったと思います。今回の件を千葉ロッテに置き換え、勝手に選手をプロテクトしてみました。

まず現在人的補償の対象となる選手は、外国人、育成選手、今年のドラフト選手を除く以下の選手です。
投手:佐々木千隼、石川歩、大谷智久、関谷亮太、涌井秀章、唐川侑己、東條大樹、内竜也、酒居知史、山本大貴、松永昂大、西野勇士、大嶺祐太、南昌輝、土肥星也、渡邊啓太、有吉優樹、島孝明、成田翔、岩下大輝、田中靖洋、益田直也、原嵩、高野圭佑、阿部和成、永野将司、種市篤輝、二木康太
捕手:田村龍弘、吉田裕太、宗接唯人、江村直也、柿沼友也
内野手:藤岡裕大、安田尚憲、鈴木大地、中村奨吾、福浦和也、平沢大河、高濱卓也、三木亮、井上晴哉、香月一也、細谷圭
外野手:荻野貴司、清田育宏、角中勝也、加藤翔平、菅野剛士、伊志嶺翔大、岡大海、三家和真

この中で、私が勝手に選んだプロテクトが必要な選手は以下の太文字の選手になります。投手:佐々木千隼、石川歩、大谷智久、関谷亮太、涌井秀章、唐川侑己、東條大樹、内竜也、酒居知史、山本大貴、松永昂大、西野勇士、大嶺祐太、南昌輝、土肥星也、渡邊啓太、有吉優樹、島孝明、成田翔、岩下大輝、田中靖洋、益田直也、原嵩、高野圭佑、阿部和成、永野将司、種市篤輝、二木康太
捕手:田村龍弘、吉田裕太、宗接唯人、江村直也、柿沼友也
内野手:藤岡裕大、安田尚憲、鈴木大地、中村奨吾、福浦和也、平沢大河、高濱卓也、三木亮、井上晴哉、香月一也、細谷圭
外野手:荻野貴司、清田育宏、角中勝也、加藤翔平、菅野剛士、伊志嶺翔大、岡大海、三家和真
これで、28人ちょうどになります。

プロテクトに漏れた選手の傾向は、内野手、外野手は一軍経験豊富な実績のある選手が多いが、年齢と成績を考慮すると厳しい選手。投手と捕手は、一時期活躍したがやはり年齢がいっているか、本当は期待したいがまだ芽が出ていないこれからの選手。となりました。

これからの選手は、本当にプロテクトしたいが枠がない。昨年2017年に指名した山本、菅野、渡邉、2016年に指名した島、土肥、宗接もプロテクトできない。長年千葉ロッテに貢献した大谷、西野、細谷、清田、加藤も今年のドラフトを考慮するとプロテクト漏れとなりました。

これがFA補強の代償と言えばそれまでですが、フロントも本当に頭を悩ますものと思います。ファンとしては、プロテクト外から誰が指名されても残念でなりません。移籍先での活躍を応援するのみです。何がきっかけにブレイクするか分かりません。ここでプロテクト漏れとなった選手も、私の予想を大きく裏切って、来シーズン千葉ロッテで大活躍することを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です