千葉ロッテに和製大砲は出現するのか?

こんな記事を見かけました。週刊ベースボールONLINEで『30本以上本塁打放った生え抜き和砲が最も長くいない球団は?』のタイトルで書かれている記事です。

「それはロッテだろ」と思いましたが、実は阪神のようです。週刊ベースボール調べの結果は以下の通り。

●セ・リーグ
・巨人 2019年=坂本勇人(40本)、岡本和真(31本)
・ヤクルト 2019年=村上宗隆(36本)、山田哲人(35本)
・DeNA 2018年=筒香嘉智(38本)
・広島 2018年=丸佳浩(39本)、鈴木誠也(30本)
・中日 2006年=福留孝介(31本)
・阪神 1985年=掛布雅之(40本)、岡田彰布(35本)

●パ・リーグ
・西武 2019年=山川穂高(43本)、中村剛也(30本)
・ソフトバンク 2019年=松田宣浩(30本)
・オリックス 2017年=T-岡田(31本)
・日本ハム 2015年=中田翔(30本)
・ロッテ 1986年=落合博満(50本)
・楽天 創設(2005年)以来30本塁打達成者なし

阪神に1年差で勝ってしまいました。なぜか悔しいところです。川崎劇場の10.19から、当然千葉ロッテになってから30本塁打以上の生え抜きはいないようです。苦節34年、もうすぐ干支3周になります。

まあ今年も2年連続20本をクリアしている井上晴哉に期待したいところですが、ここは3年目安田尚憲に夢を預けたいと思います。安田の練習試合、オープン戦を見ている限りでは、まだまだ一軍投手のスピードに着いていけてない感がありますが、私の予想を見事に裏切って下さい。これが裏切られた時、千葉ロッテマリーンズの未来は明るい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です