前澤氏、球団保有をいったん断念

ZOZOの前澤友作氏が、自身のツイッターで「球団保有はいったん断念する」と発表しました。NPB斉藤コミッショナーにも正式に伝えたようで、来シーズンの千葉ZOZOマリーンズはお預けとなった様です。

個人的には、長年球団経営をして頂いたロッテには感謝していますが、戦力強化にやる気を感じさせず、球団を強くしてくれるなら、やる気のある企業に売却して欲しいと長年思っていました。そこにZOZO参入の宣言ですから、球場のネーミングライツだけでなく、是非球団もと思いましたが、既得権益もあり上手くいかなかった様です。今回は残念でしたが、ツイッターでも「いったん」と言われていたように、またチャレンジして下さい。

とにかく今の球団フロントは、丸獲得にはやる気を見せたもののそれまでのは戦力向上には、まるでやる気を見せません。ホームランラグーンやグッズ販売や謎の魚にお金をかけるのもほどほどに、今こそ全力で戦力アップにお金をかけて下さい。捕手、左の先発、右の大砲と足りないところは山ほどあります。ZOZOなら月旅行予算を少し回せたかな? ZOZOでなくても資金豊富な野球に理解のある企業さん、参入をお待ちしています。


▲改装中のホームランラグーン(2018年11月18日撮影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です