八千草薫さん、ありがとうございました。

八千草薫さん(88歳)が24日膵臓がんで亡くなられたことが所属事務所より発表されました。

やすらぎの郷を病気で降板されていたので心配していました。私の八千草薫さんのイメージは、本当に長く幅広い分野で活躍されたイメージがあります。山田太一ファンとしてはやはりTBSドラマ『岸辺のアルバム』(1977年)です。子供二人を大学に出す普通よりちょっと上流な家庭が崩壊して行くさまを全編に渡り見事に演じていました。

また特撮ファンの私には生まれる前の東宝映画『ガス人間第一号』(1960年)の映画をオールナイトで観た思い出もあり、その後の東宝特撮女優の礎を築いて頂きました。

最後まで女優であり続けた八千種さん。最近ではテレビ東京『執事西園寺の名推理』(2018年)で超資産家伊集院グループの財閥夫人を演じられていましたが、執事の上川隆也に話す言葉一つ一つに毅然とした上品さがあり、はまり役と思っていました。パート2の演技が出来ず、本人も大変残念だったことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です