佐々木朗希を獲得

10月17日プロ野球ドラフト会議が行われ、千葉ロッテマリーンズは4球団競合の佐々木朗希投手(大船渡高)を獲得しました。パ・リーグファンの私としては、埼玉西武、東北楽天、北海道日本ハムとの競合でしたので、抽選の瞬間を普段より落ち着いて観ることが出来ました。

千葉ロッテマリーンズは大歓迎です。ここのところ高卒投手として、二木(鹿児島情報高13年6位)、岩下(星稜高14年3位)、種市(八戸工大高16年6位)と上手に育てているので期待大です。特に岩下選手は手術を乗り越えての活躍なので、そちらのケアもフォローできます。入団してからが勝負のプロ野球。周りのサポートが必要な選手なので、吉井理人、小野晋吾両投手コーチの手腕に期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です