井口監督、流れを断ち切るチャンスにバント

昨日4月12日は、親子でハムに2敗しました。ファーム(鎌ヶ谷)が、9回に追いつかれての延長戦での4-3での敗戦。上(札幌ドーム)は、同じ7安打ながら4-1で惨敗。ここまでファームは12勝6敗で2勝1敗ペースですから良いのですが、上はこれで4勝8敗となり1勝2敗ペースです。借金も早4となりました。

今日の敗戦に井口監督は試合後「野手がゲームを作れなかった。積極的にいくということだけど、相手を見てどうするか」とコメントしたそうな。おいおい、試合を作れなかったのは監督だよと突っ込みたいところです。

今日のポイントは、5回と7回の攻撃で、調子のでない上沢に対して共にノーアウト1,2塁からの送りバントの作戦。日ハムが4回に1点、6回に3点をとり上沢が守りに入っているのが見えているのかいないのか、やすやすと1アウトを献上。7回は3点ビハインドの押せ押せで、上沢があっぷあっぷだったのを1アウトを与え完全に助けました。左の代打平沢に引っ張らせるなどして欲しかった。何のために捕手を3人も登録しているのか。ほんと。

本来は、スタメンのライトかショートで平沢を使って欲しい。ベンチに置くなら、2軍で経験を積ませた方が良い。今日もキャッチャーとガルベスの代走くらいで、ほぼスタメンだけで試合をしてます。平沢や三木、安田、三家、土肥など、腐る前に調子の良い選手を上手に使うようにお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です