一口馬主の出走結果と配当金額

出走結果

18年間「社台」「サンデー」の会員を続けています。毎年1頭か2頭を購入し、現在まで、27頭が出走しています。年度別の結果は以下の通りです。

上表の折れ線が優勝回数、棒グラフが出走回数です。2007年がピークで、優勝5回、出走35回を記録しました。2018年は優勝2回、出走16回(12/9現在)です。

配当金額

下表は年度別の配当金額です。本賞金(1~5着)、出走奨励金(6~8着)、その他(特別出走手当、距離別奨励賞、内国産奨励賞)を含みます。これも2007年がピークで369.9万円、2018年は59.9万円(12/9現在)です。

2007年は、歴代愛馬賞金1位のアンブロワーズが1600万下とオープンでの2勝を含む11走、ジャンバルジャンが未勝利、500万下の2勝を含む12走してくれたことによります。因みに2004年もアンブロワーズが、函館2歳(GⅢ)優勝と阪神JF(GⅠ)2着によるものです。

今回は、出走結果と頂いた配当金額でしたが、嬉しいことばかりではありません。次回は支出金額を含めた収支について報告したいと思います。お楽しみに。
<集計グラフ:一口馬主DB>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です