ルメール、デムーロ揃って年末年始休み

馬の苦手な暑い夏。その夏にすら休みをとらないJRA。今風で言うと「ブラックJRA」。調教師の中には厩舎内でローテーションを組んで休みを取っている厩舎もあると思いますが、生き物を扱っている以上、なかなかそうもいかない。人様から貴重な競走馬を預かっている調教師に、今のJRAスケジュールでは、休みは有りません。

そんな中、JRA通年免許を持つジョッキーのC.ルメール(仏)、M.デムーロ(伊)が海外渡航届をJRAに提出。金杯、シンザン記念はお休みとなりました。

「郷に入っては郷に従え」と言われるかもしれません。まして通年免許を持っている以上、競馬がある限るが出場が当たり前かもしれません。しかし、トップレベルのパフォーマンスを出すためには、それなりに休息も必要ではないでしょうか。私は二人の届け出を支持します。ゆっくり家族サービスをして、また日本で最高のパォーマンスを見せて下さい。若手騎手のチャンスにもなります。そろそろJRAも1月と7月の年2回2週間ほどの開催休みを設定してはどうでしょうか。調教師、ジョッキー、厩務員、馬場にも良いことと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です