リクエストの確認、そこじゃないでしょ!

ロッテ井口監督「出た判定は覆らない、と」 12球団監督会議でリクエストなど確認

「大幅な変更点はなかった」「しっかり四角を作りましょう、と」

22日、東京都内のホテルで12球団監督会議が開かれ、昨年から導入されたリクエスト制度の変更点になどについての確認が行われた。会議に参加したロッテ井口資仁監督は「大幅な変更点はなかったです。あとは、去年の反省点を踏まえて、『しっかりベンチ前に出て四角を作りましょう』とか、指摘がありました。12球団の監督からの質問はほとんどなかったですね」と語った。

今季からはコリジョンもリプレー検証の対象となり「もちろん、我々にとっては非常にやりやすい」とした井口監督。導入初年度の昨季はゲームの行方に影響するようなリプレー検証もあったが「リクエストで出た判定は覆らないですし、それ以降も抗議できない」と、明確に通達があったという。

「その判定を覆すだけの映像がないのであれば仕方ない。今日もファーストのアウトセーフ判定のタイミングをどこで測っているか見せてもらいましたが、その映像が各球団でしっかり出てくればいいですが、なかなかね」との懸念も示した井口監督。「グローブの中までは映らないですし、映像にないものは仕方がない。審判の方がしっかりと見ているので、そこを継続してやっていきましょう」と割り切って、審判団の判定に委ねる姿勢を示した。
(出典:フルカウント)

*********************************************

12球団の監督会議が開かれ、リクエストについて話題が上ったようです。会議では、監督のリクエスト要求に対する四角の作り方をしっかりやりましょうとの話題のなったそうですが、そこじゃないでしょ!と思わず突っ込んでしまいました。

今の時代の流れを考えるとビデオ導入は致し方ないことかと思いますが、現場の審判がビデオをみて判定するのはNPBくらいです。MLBでも、サッカーでも、ラグビーでも、大相撲でさえも、審判団との別のビデオ室での判定になります。プロのビデオ判定員が判断し、現場の審判団にアドバイスする形式です。

「12球団の監督からの質問はほとんどなかったですね」とのことですが、是非、関係部署からプロのビデオ室新設を提案してもらいたいところです。


▲『プロ野球審判ジャッジの舞台裏』山崎夏生著(2012年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です