ミスター千葉ロッテ福浦和也、26年間ありがとう。

9月23日秋分の日、北海道日本ハムファーターズ戦で、26年間に渡り千葉ロッテに貢献した福浦和也選手が引退しました。引退試合となったこの日は、チケットが取れず、TV観戦となりました。

本日は、全選手が背番号9のユニフォーム、野手陣はストッキングを上げてプレー。福浦も7番DHでのスタメン。風速16Mが吹き荒れる中のプレーボールとなりました。CSもかかる大事な一戦なので、福浦の為にも早い回で大量点と思ってましたが、期待通り初回に3点をとる優位な展開となりました。先発の石川も6回まで0を重ね、福浦に援護します。

ゲームが落ち着いたので、福浦の4打席を堪能。9回裏には守備に就き、最後の最後で平沼の強烈なファーストライナーを横っ飛びで取るファインプレー。(福浦にボールが行くように引っ張ってくれたのかな)グラブを突き上げる福浦の笑顔とナインの歓喜。野球の神様、ありがとう。

息子の名前が「KAZUYA」のベニーや2005年のV戦士今江、西岡によるビデオレター、福浦らしい挨拶は勿論涙ものでしたが、その他にも、3打席目の「レッツゴー習志野」の演奏や同じく今期で引退する田中賢介への岡、レアードの花束贈呈、共に千葉支援をするサブローとの自撮り、TV局も福浦和也本人が選ぶベストシーン5を企画など、みどころ満載の引退試合となりました。感動の引退試合、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です