マリーンズ、今期初の貯金1!

マリーンズがライオンズに続きホークスにも打ち勝ち4連勝。今季初の貯金1となりました。早い回での援護もあり、二木が7回をグラシアルのソロホームランの1失点の好投。打線もホームラン無しの9得点ですから価値があります。明日のホークスはエース千賀、マリーンズは不安定なボルシンガーですので、今日の様な早い回での援護点で、投打のかみ合った試合をお願いします。

ただ心配なのは、ここのところ結果も内容も悪い角中、中村奨吾の2人。一二番の荻野貴司、鈴木大地が当たっているだけに、打線の中心である2人の不振は困りものです。スタメンから外すのもショック療法としてありと思います。明日のスタメンが楽しみです。

———————————————-

ロッテ、4連勝で今季初貯金 13安打9得点、
今季17勝のうち鷹から6勝

ホークスは先発武田が2戦連続8失点で4回途中KO
■ロッテ 9-1 ソフトバンク(10日・ヤフオクドーム)

ロッテが12安打9得点と圧勝し、4連勝でついに貯金を1とした。10日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。2回に3点、4回に4点とビッグイニングを作って、投打で首位ホークスを圧倒した。

初回に内野ゴロの間に先制すると、2回には荻野の適時内野安打、鈴木の右前適時打などで3点を加えた。4回には井上、レアード、中村の3連続適時打などで大量4得点とリードを広げていった。鈴木はこの日3安打2打点と活躍した。

先発の二木は大量リードにも守られて7回1失点の好投で3勝目。7回にグラシアルにソロ本塁打を浴びたものの、ソフトバンクを散発5安打に封じた。ロッテは今季、ソフトバンクと好相性。これで4連勝となり、今季7試合目の対戦で6勝1敗に。17勝16敗1分けで今季初の貯金1となったが、そのうち6勝はソフトバンクからあげている。

ソフトバンクは先発の武田が3回2/3で10安打8失点と大炎上。打線もロッテ先発の二木を攻略できずに、グラシアルのソロでの1点のみに終わった。対ロッテ戦は4連敗で6敗目。敵地での2試合連続サヨナラ負けのあとは、本拠地で大敗し、3連敗となった。
(出典:フルカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です