ブルームラッシュ、無念の4着

新馬戦3着のブルームラッシュ号が、無観客レースが続く中山競馬場22日6R芝2000m未勝利戦にMデムーロ騎手で臨みました。単勝1.7倍の一番人気に支持されましたが、スタートが悪く、向こう正面でも中段の後ろを追走、最後のコーナーをやや膨れて直線に入り、ゴール前に追い上げたものの0.2秒差の4着どまりでした。ラスト3Fはメンバー最速の35.7秒。

これで牡馬初の春クラシック出走は絶望的。残念な結果に終わりました。レース後に落鉄も判明ていますので、馬体に影響がないか心配でもあります。

それでも良血の片りんは見せていますので、ここは無理をせず、10月の菊花賞狙いに切り替えてはと考えます。菊花賞は3000mと長距離ですが、血統的に可能です。母ブルーミングアレーもオークスに出走したものの秋から本格化しましたので、ここはゆっくり馬体の成長を促しながら適切な調教で進められるかとも思っています。(親バカです)

尾関調教師、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です