エレガントクルーズ転厩

障害練習を始めたとの情報が入った木村哲也厩舎の愛馬エレガントクルーズ(3歳牝馬)が、黒岩陽一厩舎に転厩となりました。美浦第2位の勝星を誇る木村厩舎ですが、それだけ優秀な馬を管理していることになり、木村厩舎は管理頭数が多く、スムーズな入厩、出走が難しい状況の様です。ノーザンファーム天栄にいたエレガントクルーズでしたが、早速12月19日、美浦トレーニングセンターに入厩しました。

かつてアンブロワーズがベテラン美浦の小島太厩舎に所属し、函館2歳(GⅢ)を制し、阪神JFで2着と好走したのですが、その後良いレースが出来ず、栗東の平田修厩舎に転厩。その後、復活して1600万下、オープンと2勝したことがありました。エレガントクルーズにとって良い転厩であることを願います。


2018年3月10日 中山競馬場1R3歳未勝利 ダ―ト1800m優勝
(内田博幸騎手)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です