アマ球界ではフェースガード使用不可?

プロ野球で着用者急増中のフェースガードが、アマ球界では使用不可であることをスポーツ報知の記事で今日知りました。アマ球界では、安全規格に合格したヘルメットしか試合で使用できないそうです。フェースガードは、部分的にヘルメットに取り付けるため、安全規格を通らないそうな。

プロ野球で使用している人は、顎がむき出しになっているより安全と思っているから、採用しているのです。一体型でないと規格を通らないでは困ります。1979年に八木沢(ロッテオリオンズ)から死球を顔面に受けたマニエル(近鉄)が採用したアメリカンフットボールを彷彿させるガード付きヘルメットでないとダメですか? プロ野球での社会権もありますし、今すぐにアマチュアでも採用しましょう。それとも、フェイスガード関連の会社が潤うので、利権がらみで、親元で統一化したいのでしょうか?


▲1979年 近鉄チャーリー・マニエル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です