いよいよ菜七子、▲3㎏減

3月1日からJRAでは3月2、3日から女性ジョッキーの減量制度が開始されました。名古屋競馬などの地方競馬やフランスでは既に実施され、それ以降の女性ジョッキーの活躍が話題になっていました。

藤田菜七子ジョッキーも早速解禁週に勝利をあげました。3日の日曜日、今週の平場レース最後となる小倉8Rでアラスカノオーロラ(小島茂厩舎)に騎乗して1着。見事1番人気に応えました。今後、騎乗依頼も増えている様ですので、大活躍を期待したいところです。

*****************************

2019年2月8日 JRA報道室
お 知 ら せ

女性騎手の減量記号(3キログラム減量)について

女性騎手への減量制度導入に伴いまして、3月1日以降3キログラム減量となる女性騎手の減量記号は、▲表記といたしますのでお知らせします。対象となる女性騎手は、2月8日現在、JRA所属の藤田菜七子騎手のみです。

※ なお、勝利度数 50 回以下の女性見習騎手への減量記号★(4キログラム減量)および見習騎手以外の女性騎手への減量記号◇(2キログラム減量)については、2019 年秋からの表記を予定しております。
また、これに伴い、競馬番組で定める騎手の負担重量の減量を別紙のとおり変更いたします。

〔別紙〕
【変更後】 騎手の負担重量の減量および平地競走における最低の負担重量について

1.騎手の負担重量の減量 競馬施行規程第74条第1項および第2項に基づき、女性騎手(見習騎手であるもの を含む。)については下表1に定める重量を、女性騎手以外の見習騎手については下 表2に定める重量を、競馬施行規程第71条の規定により定められた負担重量から減 ずるものとする。

2. 競馬施行規程第75条第1項により最低の負担重量を48キログラムとする平地競走は、 オープン競走とする。

【現行】 騎手の負担重量の減量および平地競走における最低の負担重量について
1. 女性騎手については、競馬施行規程第71条の規定により定められた負担重量から2 キログラムを減ずるものとする。

2. 中央競馬又は地方競馬の見習騎手にあっては、競馬施行規程第71条の規定により定 められた負担重量から下表に定める重量を減ずるものとする。

3. 女性騎手である者が中央競馬または地方競馬の見習騎手である場合の競馬施行規程 第71条の規定により定められた負担重量から減ずる重量は、前号に規定する重量に2 キログラムを加えた重量(4キログラムを超えないものとする。)とする。 4.競馬施行規程第75条第1項により最低の負担重量を48キログラムとする平地競走は、 オープン競走とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です