『大停電の夜に』を鑑賞

2005年封切の映画『大停電の夜に』を鑑賞しました。第18回東京国際映画祭特別招待作品です。 原田知世が出演していたので、少し観る気になりました。

作品は、東京でクリスマスイブの夜に大停電が発生します。本作品の源孝志監督は、2003年8月14日にニューヨークで発生した大停電を扱ったドキュメンタリー『ニューヨーク大停電の夜に』(2003年、NHKハイビジョン)で構成を務めています。

物語は、大停電をきっかけにいくつかの出来事が並行して動き出すオムニバス方式で展開されます。豊川悦司と田畑智子のキャンドルに囲まれてのやりとりのシーンや原田知世と降り始めた雪、また夫を待つシーンでは「ひとりブレンディ」を楽しむシーンなど楽しく見ることが出来ました。

登場人物が豊川悦司が切り盛りするバーに集まって来る必然性が、どれだけ近くに住んでいるのか、普段客の入りが悪く閉店するんじゃなかたのか、と突っ込みたくなりますが、作品全体が静かで映像がきれいなので許すことにします。


▲『大停電の夜に』2005年、豊川悦司、原田知世

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です