「現役ドラフト」やりましょう!

選手のための制度、「現役ドラフト」が動き出しました。FAは一部の上級プレイヤーが獲得できる権利ですが、こちらの制度は、力がありながら目が出ない選手を活性化しようというものです。いわゆる球団の飼い殺しをなくそうとするものです。MLBにも「ルール5ドラフト」があります。

「ルール5ドラフト」の対象になる選手は、メジャー40人枠に入っていない選手です。その中から契約時に19歳以上だった選手は入団から4年、18歳以下は入団から5年が経った選手が対象になります。そして獲得した選手にはしばりがあり、翌年はシーズンを通じてベンチ入り25人の中に入れないといけないルールがあります。ベンチ入りさせない場合は元の球団に返すことになります。

日本の場合は、現在「自軍8人をリストアップ」、「全球団が1人は獲得」など、条件を詰めている状態の様です。しかし選手のための制度ですので、まずは来季からの導入をお願いします。とにかくスタートして、修正して行く方向で良いと思います。新人のドラフトも毎年ルールが変わって来てますものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です