CSホークスに敗れるも満喫

今シーズン、お疲れ様でした。マリーンズとしては鷹相手に善戦もしましたし、
安田、藤原には貴重な経験になり、CSに出られて本当に良かった
来期は、選手間の競争を促し、ファンがもっとドキドキする野球を井口監督に臨みます。

中堅の田村、井上、中村奨、藤岡は、後半疲れもあったと思いますが、ふがいない状況でしたので、来季への更なる活躍を望みます。編成は、中堅の危機感が煽れるような補強をお願いします。個人的には、

2田村→佐藤
3井上→ボーリッククラスの新外国人、内川(H)
4中村奨→クルーズクラスの新外国人、福田光
6藤岡→平沢、茶谷、小川(新)
7福田秀→加藤、高部、和田

来シーズン、若手の大いなる活躍を期待しています。

球団は事実を発表しろ!

楽天イーグルス岸投手に完封負けしたことより腹が立つ。一部週刊誌の報道に対して、「一人も外出していない」を撤回。月曜日に岩下をはじめ4人の会食があったことを松本球団本部長が認めたことだ。

政府主幹のGO TOがスタートしているこの時期に、外食が悪いわけではない。悪いのは週刊誌の発表で、発言の食い違いがあったと認めたことである。食い違いとは何か!今からでも選手に再確認して、事実をすぐに発表してくれ。岩下以下3選手の実名発表は最低必要。事実関係の説明が足りないから必要以上に疑われる。謝罪するところは謝罪し、事実でないところは新潮を訴えるくらい毅然とした態度で臨んで欲しい。発言の食い違いでは済まない。

選手も選手である。優勝を争っているこの時期、飲食だけなら許せるが、明日試合、岩下も木曜先発を控えて月曜日に宴会をしている様だと本当に信じられない行為。プロ野球人としての自覚が足らなすぎる。お前ら昭和のプロ野球選手か!

12人にそれぞれのチャンス

岩下投手の新型コロナウイルス感染のニュースに始まり、5日、6日で24人の出場選手登録の入れ替えがあった。これで内外野手ファームは、怪我らしい加藤外野手を除くと内野手の平沢と外野手の山口の2選手だけとなった。


△千葉ロッテマリーンズ10月公示(5,6,7日)

1軍昇格組にとっては、またとないチャンスである。これまでの井口監督の用兵を考えるとコロナが無ければ今シーズンファームのままだった選手達。12人がこのチャンスを生かして欲しい。この2試合で結果を出しているのが、佐々木千隼と藤原恭大だけ。7選手は出番もない状況なので、ワンチャンスをものにして欲しい。優勝争いをしてる中での1軍でのプレーコロナ組が戻って来ても「ポジションはありませんよ」ぐらいの活躍を望む

安田のフルスイングが観たい!

10月1日(木)札幌ドームでのファイターズ最終戦。最後の最後で痺れました。1点ビハインドの9回、マウンドには抑えの宮西尚生。マリーンズの攻撃も2アウトランナー無し。そこから田村センター前ヒット、福田レフト前ヒット、マーティン四球と粘りを見せ、二死満塁で安田尚憲につなげます。

安田も2つファールで粘りますが、スリーツーからの8球目を見送り三振。ゲームセットとなりました。最後の一球。岩下が投げていたら完全なボール低い球。刷り込みのある審判を味方にした宮西の経験勝ち


△ニッカンスポーツ新聞社

宮西の投球術はさすがの一言ですが、この打席はマリーンズの四番安田に苦言を呈さざるを得ません。まずスリーワンからの5球目。真ん中に入ったストレートを見送り。四番なら積極的に振って欲しかった。結果はどうあれ納得がいく。最後の8球目も見送りはいかん。マリーンズファンが観たいの安田の豪快なスイングであった選球眼の良い安田ではない。このところストライクの見送りやレフトへの当たりも目立つ。この打席が本当の四番、安田尚憲の成長の糧になればと思う。

ブルームラッシュ号の今後

3歳未勝利のラストランに望みをかけたブルームラッシュ号。 単勝6.4倍の4番人気に支持されましたが、12着の惨敗に終わりました。 レースではスタートも悪く、道中追走しましたが最後の直線でも伸びず。 8月に入って3走目ですので、どこかに疲れがあったのでしょう。これで5戦未勝利

クラブからの正式コメントはまだありませんが、今回のレース内容から、 格上挑戦をすることはなく、引退になると思われます。 「高額馬が走るとは限らない」とは分かっていましたが、お世話になった ブルーミングアレー号の子で、デープインパクト産駒を1頭くらいは持っても 良いかなと思った私の思い違いでした。 しかし、5走楽しませてもらいましたし、2歳時は評判も良く、ダービーの夢も 見ることが出来ました。補償金も入りますので、悔いはなしというところです。(9/12)

それから、それから、

ブルームラッシュ号の今後について、クラブから連絡がありました。 何と秋の1勝クラス格上挑戦を目指いて放牧とのことです。 20年来の一口馬主生活の中で、最後の未勝利戦を勝ち上がれなかった馬が 10頭ほどいましたが、すべて即引退勧告を受けました。 ディープ産駒の高額馬、短距離に比べて出走頭数の少ない長距離馬である ことを考慮しても異例の現役続行です。こうなったら、ゆっくりと馬体を 回復させて、秋に初勝利を願いたいものです。

ブルームラッシュ号、最後の未勝利戦に出走

私の一口馬主キャリアの中で、最高価格馬ブルームラッシュ号が、9月6日(日)札幌5R未勝利戦 芝2000mに横山武Jで出走します。未勝利戦は、これで最後ですので、相手関係が厳しくなると思っていましたが、 想像以上のメンバーが揃いました。
まずフルゲート16頭立て。そのうち前走 掲示板が13頭。更に前走2着が5頭!と強者ぞろいです。 ここで勝ち上げるのは至難の業。
初ブリンカーで臨むようですので、その効果を期待しての神頼みのみです。

期待の3歳馬ブルームラッシュ号、またも勝てず

期待のディープインパクト産駒ブルームラッシュ号が、8月1日土曜日札幌競馬場6R芝2000mにルメールJで出走しました。 ここまで、2走は1番人気を3着、4着と裏切っているだけに、今回は必勝を期しての走りとなりました。

レースでは、今までの出遅れもなく中段につけ、道中も折り合っているように見えました。直線では一旦先頭に立つもゴール直前に刺され、2着となりました。

この敗戦により、3歳ブルームラッシュ号の時間がいよいよ無くなってきています。 3歳未勝利戦は、あと8月9日週、16日週、23日週、 30日週、9月6日週の5週のみ。 8月9日週は連投になるため、実質4週の勝負となります。 9月の未勝利最終週は出走ラッシュで除外も考えられるので 確実に走れるのは1週のみの状況です。 (前走5着以内なので除外はありません)

芝2000mは、どの週もありますので、8月16日週、23日週の 出走が予想されます。次回は休み明け2走目となりますので、 ディープの血を開花させ、必勝を祈るばかりです。

サドルロード号、デビュー戦でやらかす!

さて期待オルフェーヴル産駒の命名馬サドルロード号が、7月18日土曜日に阪神5R芝1400m川田Jで新馬戦デビューしました。17頭立ての3番人気に支持され、期待も膨らみましたが、結果はまさかの17着! (ビリ殿)おまけにタイムオーバー(1着との差4.8秒)のオマケ付き。調教は良かったのですが、レースではゲートの出も悪く、終始最後方を 追走するだけのまったく見どころ無しで終わりました。

クラブのレース後のレポートでは、幸いにも怪我はしていないようですので、 新馬戦は父と母母の血が騒ぎすぎての惨敗、大物ぶりを発揮したと思い、次走に 期待したいと思います。

しかし今年に入ってまだ愛馬の勝利がありません。2006年の年間未勝利以来の大ピンチです。 一口馬主廃業の危機? アンブロジウス号(3歳牡)が出走できず引退したため、現役はマジストラル(4歳牡)ブルームラッシュ(3歳牡)、そしてこのサドルロードの3頭のみです。カモメ厩舎の苦戦は続きます。

練習試合ほぼ終了、防御率5点台の中での光明

開幕を6月19日に控えて、練習試合も気になるようになって来た。その練習試合も16日の巨人対ロッテ戦を残し、10球団は14日のゲームで練習試合を終了。フルカウントがまとめた成績は以下の通り。

1 西武 10試合8勝1敗1分け .889
2 楽天 11試合6勝3敗2分け .667
2 日本ハム 12試合6勝3敗3分け .667
4 阪神 11試合5勝3敗3分け .625
5 ソフトバンク 12試合6勝5敗1分け .545
6 オリックス 12試合4勝4敗4分け .500
6 DeNA 12試合4勝4敗4分け .500
8 中日 12試合4勝6敗2分け .400
9 巨人 10試合3勝5敗2分け .375
10 広島 11試合4勝7敗0分け .364
11 ロッテ 12試合3勝7敗2分け .300
12 ヤクルト 11試合2勝7敗2分け .222

マリーンズは、パリーグ唯一のBクラスの成績。ヤクルトとの最下位争いを演じている。フルカウントのコラム『オリがトップの防御率3.67 ワーストはロッテとヤクルト…12球団練習試合の投手成績は?』には、投手成績のダメダメをダメ押しされる記事。

西武 防4.30 90回 102被安 11被本 34四死 45失点
ソフトバンク 防3.75 108回 87被安 11被本 42四死 46失点
楽天 防3.96 100回 90被安 14被本 41四死 46失点
ロッテ 防5.19 104回 121被安 17被本 32四死 66失点
日本ハム 防4.28 103回 94被安 16被本 43四死 49失点
オリックス 防3.67 108回 97被安 12被本 40四死 47失点

巨人 防4.85 89回 79被安 17被本 34四死 52失点
DeNA 防4.10 107回 100被安 12被本 53四死 55失点
阪神 防4.13 98回 96被安 8被本 50四死 45失点
広島 防4.40 92回 85被安 11被本 40四死 54失点
中日 防4.84 106回 116被安 14被本塁 33四死 68失点
ヤクルト 防5.02 95回 92被安 18被本塁 36四死 53失点

しかしデータを見るとこんなことも考えられないだろうか。練習試合なので各チームの試合への臨み方が成績に反映すると思う。総じて与四死球の少ないチームの防御率が悪い。マリーンズファンとしては、12球団最小の32与四死球を好材料と考えたい。開幕前の今は投よりも打と守が心配でならない。

早ダービー週間

ご無沙汰しています。
早いものでもうすぐ6月。
今年のダービーは5月31日。
新型コロナウイルスの対策で、無観客での開催となりました。

今年の愛馬は、私史上最高額馬のブルームラッシュ(父ディープインパクト)と母アンブロワーズのアンブロジウス(父ルーラシップ)の2頭を送り出したのですが…。期待の2頭とも、ダービー出走どころか、2戦未勝利と未出走の結果。2頭とも、怪我に泣かされた形となりました。残念。

夢のダービー出走は、サドルロード号に持ち越しです。